【グリムエコーズ】属性の種類と優劣関係!護符&お守りの効果!敵を楽に倒すために必要?

グリムエコーズの「属性の種類と優劣関係」についてです。

グリムエコーズでは、属性関係がかなり重要で、敵の弱点属性を意識してパーティを組むだけで、かなりボスの倒しやすさが変わってきます。

属性の関係性について解説したので、参考にしてみてください。

マップ上・ほこらのエネミーの弱点属性一覧はこちら

グリムエコーズの武器属性の関係性について

ここからは、グリムエコーズの武器属性の関係性について解説します。

武器属性の種類と優劣関係について

武器属性は、突、斬、打、精神属性があり、優劣関係は上の通りです。

例えば、ドロシーは通常攻撃に打属性を持つほか、正面打ちのスキルにも打属性が付与されているため、通常攻撃・スキルの両方で相手の弱点を突くことができます

逆に、斬属性の敵の攻撃に対しては弱いため、注意が必要です。

 

また、精神属性は少し特別で、片手杖のヒーローのみが使え、一部の敵に大ダメージを与えることができます。

 

グリムエコーズの魔法属性の関係性について

魔法属性の種類と優劣関係

魔法属性は、火→氷→風→雷→水→火闇→光→闇の優劣関係を持っています。(ただし、公式には魔法属性の優劣の記載はなく、あくまで個人的に調べたものです)

通常属性と違い、闇属性と光属性はお互いに優劣の関係があります

例えば、時計ウサギ(両手杖)は光属性の攻撃を持っているため、闇属性の敵に対して大ダメージを与えることができますが、同時に闇属性から受けるダメージも大きくなります。

また、エネミーの中には通常種に加え、ファングウルフ・火種のような、属性をもった特殊エネミーも存在します。

こういった敵は、通常種が持つ武器弱点にプラスして、魔法属性の弱点も持っています

 

マジシャンは弱点属性をなくせる!

普通、ヒーローは武器属性の弱点と魔法属性の弱点の2つをもっています。

ただし、マジシャンは武器属性の弱点をもっていません

さらに、魔法属性の弱点もお守りで消すことができるので、実質弱点を気にする必要がなくります。

これはボス戦などでかなりのアドバンテージになるので、マジシャンは積極的に育てることをおすすめします。

 

護符やお守りの効果

相手の魔法属性に合わせてお守りや護符を使うことで、味方が受けるダメージを軽減することができます

例えば、アラジンは風属性が弱点属性なので、風のお守りを付けることによって、風属性の弱点を打ち消すことができます。

また、ヒーロー自身が弱点ではない属性のお守りを装備すると、属性に対して耐性を作ることができかなり敵のダメージを軽減できます。

さらに、相手の弱点属性のスフィアを使うことによって、手軽に相手のHPを削ることができるので、積極的に使っていきましょう。

 

敵の属性と有効なお守り・護符・スフィア一覧

敵の属性 護符 お守り スフィア
耐火の護符 火のお守り 水のスフィア
耐水の護符 水のお守り 風のスフィア
耐風の護符 風のお守り 氷のスフィア
耐氷の護符 氷のお守り 火のスフィア
耐雷の護符 雷のお守り 風のスフィア
耐光の護符 光のお守り 闇のスフィア
耐闇の護符 闇のお守り 光のスフィア

 

グリムエコーズの属性優劣の確認の仕方は?

タワーやダンジョンでは、事前にモンスターやボスの弱点傾向が確認できます。

基本属性は武器属性、エレメント属性は魔法属性の弱点を表しています。

例えば、上のような孤狼の塔の1Fの相手は、精神属性が弱点なので、精神属性を持つヒーローを中心にパーティーを組めば楽に相手を倒すことができます。

また、マップ上のエネミーの弱点属性は、攻撃したときに「WEAK!」と表示されるかどうかで確認することができます。

 

まとめ:グリムエコーズでは属性が重要!

グリムエコーズの属性について解説しました。

特にボス戦では相手に対して有利な属性を持つキャラで戦うと簡単にクリアできるので、試してみてください。