【スクスタ攻略】SP特技について徹底解説!ボルテージ獲得量や効果時間をのばすには?

スクスタの「SP特技」についてです。

SP特技はスコアアップや、「アピールチャンス」クリアには欠かせないんですが、少し仕様が分かりにくいですよね。

そこで、この記事では、

  • SP特技の獲得ボルテージを増加させる方法が知りたい
  • SP特技の時間を延ばす方法を知りたい
  • SP特技の発動回数を増やす方法を知りたい

以上のような疑問に答えていくので、少しでもスコアを上げたい方は参考にしてみてください。

SP特技の獲得ボルテージを上げる方法

結論からいうと、SP特技の獲得ボルテージを上げるにはSP特技対象枠のセンター3人が需要になります。

SP特技対象枠とは、編成時の中央の3人のことです。

スクスタ SP特技対象スクールアイドル

そして、できるだけ多くのボルテージを獲得するには、この枠に以下のようなキャラを配置する必要があります。

 

  • テクニック値の高いキャラを配置する
  • 楽曲と属性の同じキャラを配置する

 

理由をそれぞれ詳しく解説していきます。

テクニック値の高いキャラを設置する

テクニック値が高いキャラ

SP特技による獲得ボルテージは以下のような式で計算されます。(独自調べ)

MEMO

獲得ボルテージ=アピール値+テクニック値×1.2

つまり、センターの3人のアピール値テクニック値が高いほど獲得ボルテージが増えるわけです。

さらに、テクニック値には1.2倍のバフがかかるので、できるだけテクニック値が高いキャラを配置するようにしましょう。

楽曲と属性の同じキャラを配置する

楽曲の属性について

楽曲と同じ属性のキャラをSP特技枠に配置することで、獲得ボルテージがさらにバフされます。

ただ、属性を合わせるためにステータスが低いキャラを選ぶとまったく意味がないので、テクニック値を重視した上で、属性も一致させるのが理想的です。

SP特技の効果時間(SpecialTime)を伸ばす方法

特技発動時間

ここからは、SP特技の効果時間(SpecialTime)を伸ばす方法についてです。

結論から言うと、このSP特技の発動時間はSP特技対象キャラ(真ん中の3人)のレアリティで決まります

 

R→SR→UR→フェス限

 

このように、レアリティが高くなるほど時間が増え、最低時間は3秒で、最大時間はフェス限キャラ3人を入れた時の4秒まで伸ばすことができます。

つまり特技発動時間を増やすには、

ガチャでいいキャラを引くしかない!

ということです。

ただ、ぶっちゃけこの特技発動時間は誤差で、コンマ数秒時間が増えたからといってスコアがめちゃめちゃ上がるわけではないので、そこまで気にする必要はないでしょう。

SP特技の効率的な使い方は?

SP特技 効率的な使い方

SPゲージがたまると、もったいないのですぐ使ってしまいたくなりますが、SP特技はアピールチャンス開始直後に発動したほうがいいです。

アピールチャンスはかなり獲得ボルテージが多いですし、SP特技を使わないとクリアできないアピールチャンス課題もあるのでアピールチャンス開始直後を狙いましょう。

SP特技の発動回数を増やす方法

ライブの上級なんかをプレイしていると、アピールチャンスまでにSPゲージのチャージが間に合わない曲がたまにありますよね?

また、上級者の場合は少しでもSP特技の発動回数を増やしてスコアを伸ばしたいところ。

結論として、SP特技の発動回数を増やすには以下のような対処法があります。

 

  • メイン作戦にSPタイプのキャラを編成する
  • SPゲージを獲得するスキルを持つキャラを使用
  • SPゲージを獲得するアクセサリーを使用する

 

それぞれくわしく解説していきます。

メイン作戦にSPタイプのキャラを編成する

SPタイプのキャラ

メイン作戦にSPタイプのキャラを編成することで、作戦効果がSPゲージ増になり、SPゲージがたまりやすくなります。

ただ、タイプを意識して編成してしまうと、どうしてもバランスが悪くなってしまうので注意してください。

SPゲージを獲得するスキルを持つキャラを使用

SPゲージを獲得するすきるを持つキャラ

SPゲージを獲得するスキルを持つキャラをメイン作戦に入れることで、圧倒的にSP特技を発動できる回数を増やすことができます。

SPゲージを獲得できるスキルは現在以下の2種類です。

 

  • SPゲージ獲得(初期ヨハネなど)
  • SPゲージ獲得増加(初期海未ちゃんなど)

 

そして、この2つのスキルだと、圧倒的にSPゲージ獲得の方が強いです。

例えば、上級曲の場合は、最大ゲージが6000なので、SPゲージ9%獲得できるヨハネの場合、

6000×0.09=540ゲージ

これだけ獲得できるのに対して、

SPゲージ獲得量を6.2%増加させるUR海未ちゃんの場合、200×10ノーツ=2000

2000×6.2=124ゲージ

これだけしか獲得できません。

よって、SPゲージ獲得系スキルのほうが強いということになります。

SPゲージを獲得するアクセサリーを使用する

SPゲージに関係するブレスレットは、現在以下の2つがあります。

  • ブレスレット
  • イヤリング

結論からいうと、装備するなら圧倒的にブレスレットがおすすめです。

ブレスレットは、アピール値の2.5%(スキル未強化時)のSPゲージを獲得するスキルを持っています。

例えば、アピール値が5000のキャラ3体にブレスレットのアクセサリーを装備した場合、

1回のアピールチャンスで5000×2.5%×3=375ゲージ獲得でき、楽曲中にアピールチャンスが3回あると仮定すると、

375×3=1125ゲージ

これだけのボルテージを獲得することができます。

これに比べてイヤリングは、ゲーム終了まで残りスタミナが多いほどSPゲージ獲得量が増えるスキルを持っています。

例えば常に最大スタミナを維持して150ノーツの曲をプレイした場合、

200×1%×150=300ゲージ

最大でもこれだけしか獲得することができません。

よって、装備するならブレスレットの方が圧倒的におすすめです。

SP特技演出の変化について【おまけ】

SP特技 特別演出

ここからは、スコアなどには関係ありませんが、SP特技の演出に関してです。

すで気づいているかたもいるかもしれませんが、真ん中に編成するキャラによって変化します。

SP特技演出パターンは以下の通りです。

  • 通常演出
  • ユニット別の演出
  • 同じキャラ2体でデュオ
  • 同じキャラ3体でソロ演出
  • フェス限キャラはさらに特別演出?

特別演出に変わったからといって、スコアが上がるわけではありませんが、押しキャラのソロ演出を見たりするのは最高なのでぜひやってみてください。

まとめ:SP特技は真ん中の3人できまる!

SP特技について解説しました。

SP特技の獲得ボルテージや時間を増やすためには、編成時のSP特技対象キャラ枠(真ん中の3人)がとても重要です。

ここにできるだけレアリティが高く、アピール値とテクニック値に優れたキャラを置くようにしましょう。

 

スクスタの攻略記事まとめ→【スクスタ】攻略記事まとめ!無課金の人必見!